症状と治療と出来ること

施術台

先生の言いつけをしっかり守ろう

うつ病というのは、気分が変調する病気です。少し気分が沈むな、なかなか気分がすぐれないという症状から始まり、少しずつ体にも影響を及ぼしてくるのです。例えば心配や不安が大きくて眠ることが出来ない、またご飯が食べられないといったこと。そのような症状が続くことにより、心身的な影響をきたすのです。始めはそのような心理的な変化があったとしても、自分でも病気とは考えず、日常生活を無理やり送り続ける人もいます。しかし身体的な影響が起こるようになれば、次第に周りがその変化に気が付き、やっと病院に行きうつ病と診断されることが多いです。うつ病と診断をされたら、カウンセリングや投薬による治療が始まりますが、投薬の中には、気分を安定させるものや落ち着かるためのものがあります。その薬を内服すると、少し眠くなってしまうこともあるのです。そこで気をつけなければいけないことが、うつ病の薬と運転の関係なのです。薬によっては、これを内服すると運転は控えることと注意喚起がなされているものもあります。そのためよく医師と相談して処方してもらうことが重要です。

うつ病になっても、最近では日常生活を送りながら通院で治療を続けることが多いです。そのため仕事や家庭生活が続けられるように配慮して、投薬をすることも少なくありません。仕事が続けられるようにするためには、当然運転で通勤が出来るようにしなければいけません。そこでうつ病といってもいろいろな治療方法、内服の種類があるので、医師と相談する必要があるのです。もしもうつ病の症状が重く、強い薬物療法をする場合は、一時的に運転が出来なくなる場合もあります。その場合には診断書を出してもらうこともおすすめです。また一度運転が出来なくなったからといって、ずっとできないわけではありません。当然症状が緩和され、薬物療法の内容も変わってくれば、またすることもできるのです。地方に住んでいる人は、運転が出来なくなれば家に引きこもるしかなく、生活が困難になってしまう、仕事にも行けなくなってしまうと思う人もいるでしょう。しかしうつ病の場合は、治療をすることがまず最優先であるため一時的に運転が出来なくなるということもよくあるので、よく医師と相談してみましょう。