社会生活と精神疾患の状態

エステティシャン

ガイドラインがあります

社会人となって自己決定することは良しとする風潮がありますが、日本人において自己決定ができる人ほど羨ましい人はいないともいわれます。まず日本人は自己決定よりも他人からの指示のほうが圧倒的に楽に動けると考えている人が多く、他人からの指示によって人生を決められている人も多いです。その反面では精神的なダメージに弱い人などは、人のいいなりになってしまうことでストレスが高くなり、いつかは崩壊してしまうこともあります。精神的なダメージが多くなると「うつ病」になりやすく、軽いものでは社会生活もできますが、重度になっていくと車の運転などができないくらいの精神状態になってしまうことも少なくありません。そのためにうつ病の中でも顕著な判断能力の低下といった異常がみられる場合に、自動車運転死傷行為処罰法という法律が当てはまります。ただし個人差があるために心療内科などのガイドラインに沿って適用することが必要になり、また社会生活ができないと判断された場合には車での移動は控えるようにしなくてはいけません。

うつ病になっているが社会生活を営むことができるような人では、車の運転はできるのかというとある程度のマナーを守る必要があります。まず心療内科に通っていて薬を処方してもらっている人では、生活の中で車の利用をしなくてはいけないということを伝えておいてアドバイスをもらうことです。中には社会生活はできるが、薬の状況によって車の運転は控えるようにいわれるケースもありますし、また時間をおいての使用はよしとするケースもあります。症状の経過によって差が出てくることもありますし、家族が不安に感じる場合には医師からの指示がないからといっても、運転は控えるようにしたほうが無難です。また運転歴なども考慮することも必要になるのは、うつ病になる前に自動車免許を取得している年数が浅い場合には気をつけないといけないからです。反対に取得歴がある程度長い場合はベテランとしての安全を自覚している人も多く、トラブルになるケースも少ないことから安心して運転をすることができるといえます。